薬剤師パート求人 > 薬剤師パート求人のやりがい

薬剤師パート求人のやりがい

薬剤師の雇用形態はいくつかありますが、家事と仕事を両立させたい女性に多いのは、パート勤務です。しかし、一部の人の間では、パート勤務はやりがいがないという意見があり、転職が多いことも事実だといえます。なぜ、パート勤務で働く薬剤師は、やりがいを持つことができないのでしょうか。いくつかの原因についてご紹介していくことにしましょう。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

まず1つ目は、仕事の制限があることから、やる気をなくしてしまうことがあるということです。 パート勤務の多くは、1日数時間程度の勤務であることがほとんどです。また、週単位で見ても、少ない場合は週に1日や2日の勤務といったことも珍しくありません。

そのため、重要な仕事を任せることができず、仕事の幅が限られてしまうということが起きてきます。 致し方ないことではありますが、仕事の幅に制限があると、どうしても単調な仕事の繰り返しとなってしまい、よりやりがいを求めて転職してしまう人が多いのです。

2つ目は、勤務時間の制限が、やる気の半減につながっているということです。薬剤師の仕事は、パートとはいえ高時給であることがほとんどです。そのため、扶養枠を超えないようにするためには、その分、勤務時間が短くなってしまうということが起こってきます。

結果、限られた仕事しか任せてもらえず、やる気がなくなってしまうということがあるのです。この他にも、様々な原因がありますが、最終的にパート勤務でもやりがいを持って仕事をするためには、どうしたら良いのでしょうか。

成功例としては、やはりある程度のことは我慢して、割り切って働くということを挙げることができるでしょう。 パート勤務で働く以上、常勤の薬剤師と同じ仕事をすることはできません。そのため、どうしてもサポートに回ることが多いと言えます。

しかし、見方を変えれば、パート勤務の薬剤師がいるからこそ、常勤の薬剤師が働きやすくなっているということも多々あるのです。 ようするに、見方を変えることで、パート勤務でもやりがいを見出して働くことは十分可能だということになります。
山形県薬剤師会

パートタイムで薬剤師として働くメリット

薬剤師はその専門性を活かして、薬を処方したり、新薬の開発に携わったり、多様な形で人の健康というものに関わることができます。

働き口も多様化していて、従来の病院や調剤薬局に加えて、製薬会社や食品会社などの民間企業、学校や行政機関などその能力を発揮できる機会が増えています。

それに伴って、薬剤師として働くための雇用形態や勤務スタイルも、個人で選択できる時代へと変化しています。ここでは特にパートタイムで薬剤師として働くことの利点について説明していきます。

薬剤師資格を持っている人の男女比は、女性のほうが多く、そのため、出産や子育てなど人生における重大なイベントの影響を受けざるを得ません。

家庭生活と並行して、今までのように薬剤師として働きたい女性も多く存在します。せっかく取得した資格をこのままにしておくのは非常にもったいないもので、時間を有効に活用できれば、やりがいと収入、双方の面でプラスになりますよね。

現在、調剤薬局やドラッグストアなどでは、時給によるパートタイム形式での薬剤師の募集を行っているところが増えてきています。子供が学校へ行っている時間や、祖父母に世話をお願いできる時間などに限って、薬剤師として働くことが可能になるのです。

通常のパートと比べて、薬剤師としての能力を期待されて働くわけですので、時給も高く、相場として2000円/時、以上のところが多いようです。1日数時間でもかなりの収入が期待できます。

また、パートタイムの場合、残業などを心配する必要はなく、雇用契約時に取り決める労働時間が守られますので、自分のライフスタイルとのバランスがとりやすくなっています。

もちろん、子育て中に限った話ではなく、ほかの仕事を行いながら週1日だけという形で働き、副収入を得るということも可能です。

パートタイムの求人は、求人サイトやハローワークなどではなく、直接、薬局やドラッグストアで行われていることが多いようですので、希望する人は、近くのお店に行って聞いてみたらいかがでしょうか。

夜勤のみの薬剤師という働き方

通常の調剤薬局の営業時間は、だいたい朝から夜19時~20時と決まっていて、余程のことがない限り、遅くまで残って仕事をするということはありません。

このことで、薬剤師の勤務場所として調剤薬局が好まれる傾向にあり、自分の生活時間やライフスタイルを考慮した安定した働き方ができます。

一方で、病院や夜間診療所などに併設されている薬局で働く薬剤師は、24時間、夜間であっても即応して仕事を行う必要があります。

仕事の性質上、仕方がないものであり、救急の患者さんに対応することは医療従事者として崇高な使命を帯びていて、とてもやりがいのあるものだといえます。しかし、不規則な生活や深夜までの仕事は、体に大きな負担がかかるのも事実です。

このような夜間も仕事を行う薬剤師のいる勤務場所は、なるべくスタッフ(薬剤師含む)の負担とならないように、シフト体制や休暇などを調整しているのですが、夜間勤務は人気がなく、子育て中の女性などはまずできない時間帯になります。

そうしたスタッフの隙間を埋めるために、夜間のみ働く薬剤師のニーズがあるのです。これによって、薬剤師の需給のバランスが改善します。

このスタイルで働く場合、病院などでの非常勤の雇用契約となります。パートやアルバイトと同じような雇用スタイルだと思ってください。

夜勤のみの薬剤師としての勤務であっても、報酬は非常に高額で、日給25000円~30000円の支払いがあるところもあり、金銭面では優遇されているといってよいでしょう。

しかし、勤務そのものは非常に大変です。まず、夜間ですので、勤務する薬剤師や他のスタッフの絶対数が減ります。

従って、緊急の事態が発生した場合などは、薬の調剤や医療品の管理、適切な処置へのアドバイス等をすべて1人で行わなければならない場合も想定されます。業務のボリュームは大きく増えて、なおかつ総合的なマネジメント力が求められる場面になります。

それゆえの高い報酬でありますが、自分がどこまでできるのかを正しく把握しておくのが大切です。夜間のみということで、ご自身のライフスタイルや余暇をよく検討してください。

そのうえで、この過酷ではあるが見返りもある働き方を考えるのが大切です。夜間のみの薬剤師の求人はウェブ上の求人サイトや、病院のHPなどで募集しています。